いぼが発生する原因とは|治療法や対策について知ろう

治療中の痛みについて

ドクター

いぼを治療していく上で、様々な疑問が出てくると思います。そんな疑問を解決出来るように色々と調べてきました。まずは、多くの人が気になるであろう施術中の痛みや術後の痛みに関する内容について確認していきましょう。病院や美容外科クリニックなどでいぼの治療を受ける際に、施術に伴う痛みがあるかどうかは結構重要な問題になります。実際のところ、いぼを施術している最中に痛みはあるのでしょうか。いぼの治療方法として液体窒素による方法や炭酸ガスレーザーをはじめとする医療用レーザーを使用した治療方法が一般的となっていますね。また、いぼがあまりにも大きくて、この2つの方法が有効ではないと判断された場合には、手術をしていぼを切除する方法もあります。今あげた方法のうち、液体窒素による治療法には激しい痛みが発生すると言われています。これは超低温の液体をガーゼや綿棒などに染み込ませて、それをいぼに押し当てます。そうすることで、低温やけどが発生した状態になりいぼの組織を破壊していく施術になっています。いぼの発生原因でもあるウイルスを完璧に破壊するためには有効な治療法とされていますが、素直に言えば人工的に凍傷を引き起こす方法でもあるため、術中や術後ともに激しい痛みが発生するのが特徴です。継続的にそれを耐えないといけないので、途中で諦めてしまう人も多いです。一方、医療レーザー治療や手術による切除では、基本的の麻酔を使用するため、術中に痛みを感じるということはありません。特にレーザー治療の場合は、術後の影響も少なくて、治療に伴う痛みに不安を感じている人にはおすすめでしょう。

次に、治療の際に気になる疑問と言えば治療痕がありますよね。皮膚が醜く盛り上がって見た目が気になってしまういぼですが、施術を受けて完全に除去することが出来ても、傷跡が残ってしまったら本末転倒でしょう。治療痕が残るような施術となるのか、それとも傷跡を残さない綺麗な施術になるのかは、治療を行なう美容外科クリニック選びによって決まると言ってもおかしくありません。それぞれで治療方針や所属している医師の技術力や実績が違うため、担当する医師が経験不足だったりすると、適切な治療を受けることが出来ずに治療痕が残ってしまうでしょう。また、切除法よりもレーザー治療法の方が痕が残りにくいと言われています。治療痕を出来るだけ残したくない場合は、いぼの治療を受ける前にクリニックを慎重に探す必要がありますよ。通いたいクリニックの治療方針や所属する医師の実績などをちゃんと確認することが重要になります。

To Top