いぼが発生する原因とは|治療法や対策について知ろう

女の人

治療法を見てみよう

急に出来てしまう恐れがあるいぼを治療する方法はいくつかあります。最もポピュラーで効果があると言われているのがレーザー治療となっています。レーザー治療は傷跡が残らない綺麗な仕上がりになるので、人気の治療法ですよ。

もっと見る

ドクター

治療中の痛みについて

いぼを治療する際にあたって色々な疑問や悩みが出てくるでしょう。今回はみんなが抱え込む疑問について確認しました。施術中に感じる痛みや治療痕について気になる人はチェックしてみましょう。

もっと見る

ウーマン

再発リスクが少ない治療法

いぼの治療法の中で切除法があります。この方法は1回の手術でいぼを切り取るので、再発リスクも少なく、保険適用もされるので人気が高い治療法となっていますよ。メリットなどを確認してみましょう。

もっと見る

医者

病院の選び方と危険ないぼ

いぼを治療するにあたって、病院やクリニックは重要になっていきますが、適した病院の選び方などを把握しておくと良いですよ。また、危険ないぼの見分け方についても前もってチェックしておきましょう。

もっと見る

ウイルス性と加齢性

カウンセリング

皮膚に浮かび上がって急に出来てしまういぼ。基本的にほとんどのいぼには痛みや痒みなどはありません。しかしながら、ごくまれに痛みや痒みを発生させるもの、発熱などの症状に結びつくものがあるため完全に無害とは言い切れません。また、皮膚に異物が付着しているという感触はどうしてもあるため、気になってしまうでしょう。擦れたり、潰してしまったりしないように行動も制限されてしまうので、いぼは邪魔な存在と言えます。特に美容を気にしている女性にとっては死活問題になってしまうでしょう。もし顔に発生してしまえば、メイクもしにくくなりますし、放置しておくと痕になってしまう場合もあります。そのため、いぼがあるということに喜べる人はいないです。では、なぜ人の体には厄介ないぼが発生してしまうのでしょうか。その原因について見てみましょう。

いぼには大きくわけて2種類があります。それは「ウイルス性いぼ」と「加齢いぼ」の2種類です。ウイルス性いぼは文字通りにヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で発生してしまういぼになります。加齢いぼは年齢を重ねることで発生するもので、皮膚の新陳代謝が劣化してしまい、皮膚が老化して出来てしまいます。また、ヒトパピローマウイルスは現時点で100種類以上が存在していることが分かっており、感染したヒトパピローマウイルスの種類によっては感染しやすい箇所やいぼの種類、見た目、症状、治療法などが異なっていきます。例えば、一般的に手や足に発生する尋常性疣贅、顔や腕に出来てしまう扁平疣贅、性器周辺に出来ることが多いと言われている尖圭コンジローマなどがあります。ヒトパピローマウイルスによって感染経路やその原因も違ってくるので、予防や対策を行なう際にも色々な発生リスクを考える必要があります。一方、加齢いぼは上記にも記載がある通り、肌の老化が原因となります。老化現象は個人差があれど誰にでも共通して発生するものなので、新陳代謝の活性化を促したり、肌への刺激を控えた生活をしたりするなど、日常レベルでの原因対策が有効になります。

いぼは気づかぬうちに発生している可能性が高いので、まずは発生する原因をしっかりと把握して、対策をしていくことが重要でしょう。あわせて治療法も事前に把握していると、もし発生したときに迅速に治療を行なうことが出来て便利ですよ。自分はいぼが出来ないから大丈夫と安心するのは危険なので、常にリスクを考慮して生活していきましょう。

To Top